ホーム > 耐震補強

耐震補強

耐震補強について

耐震補強 近年改めて地震に対する補強・対策が話題となっておりますが、当社ではその耐震補強につきましてもご相談に乗らせていただいております。
”耐震補強”とはかいつまんで言えば「耐震性の不足している建物・住宅に対して補強工事を行う事」を指します。


一般的には壁の補強を指す事が多いですが、お客様のご要望のレベルに応じて
基礎・土台の補強柱の補強梁の補強接合部の補強などをご提案させていただきます。

 

ウチは大丈夫!?

築年数によって”耐震基準”というものが変わっており、
1981年(昭和56年)の”建築基準法施行令改正”による耐震基準見直しが行われる前の住宅・建物につきましてはひとつの目安になるかもしれません。

他にも1階部分が柱のみで構成された「ピロテイ形式」の建物や、吹き抜けのある建物、屋上の偏った場所に塔屋があるなど重心位置がオフセットされている建物、軟弱地盤の上の建物など様々な要因が関係してまいります。

外観だけでは「これなら大丈夫」という判断が難しいので、まずはご相談いただければと思います。
 

ページトップへ戻る